お得になる?貴金属を売るタイミング

相場が高い時は売りどき

金やプラチナなど貴金属はブランドのように流行の影響で価格を下げることはありません。これは金やプラチナ自体に希少性があり、物として一定以上の価値があるからです。
それでも価値が一定という訳ではなく需要と供給の変化によって、金やプラチナの価値も上下します。金やプラチナの価値は金相場、プラチナ相場の中で日々変化しています。貴金属買取業者の買取金額も金相場・プラチナ相場を踏まえた金額なので、相場が高い時は買取金額も高くなり、低い時は安くなります。
つまり相場が高い時を狙って売るとお得になるわけですが、都合よく相場が高い時に出くわすとは限りません。なので、自分で相場の情報をこまめにチェックして相場が高い時を狙う必要があります。

年末は売りどきの可能性が高い

金・プラチナ相場の情報を確認しても、なかなか売りどきが掴めないという人も多いです。そんな人は年末に売るのがオススメです。貴金属は11~12月の時期に相場が高くなる傾向があります。なので、売りどきに迷ったら年末に売るのがオススメです。逆に1月~2月は相場が低くなる傾向にあるため売るのには不向きですが、貴金属を安く買える可能性があります。
この他に株価や通貨の価値も売りどきを探る判断材料となります。基本的に株価や通貨の価値が下落傾向の時は、金・プラチナ相場は上昇する可能性が高いです。また、経済不安や株安のニュースが流れている時も売りどきです。経済不安や株安になると、安定資産の金に資金を移す人が増えるので金が高くなります。